「色々なゴルフの味わい」

元来、ゴルフはスコアを競い合うスポーツです。

しかし、ゴルファー心理として飛距離という物に非常に強い欲があると考えるのは私だけでしょうか?

誰しも狙った所に思い描いた球筋でドカ―ン!

同伴者より下のクラブでビタッとピンそば!

同伴者より遠くからコロンとカップに!

様々な欲あれどドライバーの飛距離です。

高価でも飛ぶと言われるドライバーやアイアンが売れ筋クラブとなる。

ボールにおいても然り。

ゴルフは上がってなんぼ(何打)ですが、それだけではストレスが発散しきれない、スコアが崩れだした時、楽しみがない。

競技ゴルフは1打でも少なく!を目標に踏ん張れますが、

プライベートゴルフは精神的に踏ん張りきれません。

飛距離は美味しい味の1つ、醍醐味となります!

振れるシーズンです!振りに研きをかけ、飛距離アップへ!

※振りにいってバランスを崩さないコツを1つ。

身体の重心を足首の踝(くるぶし)にのせたアドレスからそのままいつものスイングをお試し下さい。

私の見てきた大半のゴルファーは重心が爪先に乗せすぎて前傾が深くなり、バランスよく振り切れません。

重心位置を整えたスイングは、どんなに振ってもバランスは崩れません。

そしてスイング中、重心は固定ではありません。

まずは、くるぶしに重心を乗せたスウィングをお試し下さい! 豊

「流れ」

「流れ」、上級者やプロは今日は流れがいい。流れが悪いと言う表現を使います。

抽象的な表現ですがゴルフの流れと言うものを説明していきたいと思います。

さて、ゴルフの流れとは何ぞや?ラウンドを重ねていくと色々な心・技・体の状態があり、必ずしもベストの状態でのラウンドとはなりません。

コースコンディション、コースとの相性等、色々な要素が絡む中で予想の内容・結果で進んでいるか?予想以上か?予想以下か?で

流れがいい、悪いという言葉がでてきます。

心技体の状態とスコアの因果関係を見て感じて表現するゴルファーが多いですね。

簡単に言うと、その日の調子とスコアが直結してるか否かです。

ここでアメリカツアーで活躍の松山プロの流れへの対応を紹介します。

ボギーが続いて流れが悪いときに無理やりバーディを狙いにいったりしないで、チャンスをつくりパッティングが入るか入らないかという状況に導き、リスクを追わずに大事にゲームメークをするようにしてる。

悪い流れを断ち切ろうとしてもリスクは犯さない。ボギーを打たずにゲームをつくり、ここぞのときに攻める。

攻守のメリハリをつける事が、大たたきをせず、高いレベルで安定して戦う秘訣だと言ってます。

さすが世界上位で闘ってるプロの言葉です。

さあ皆様、今後のラウンド、流れを感じ取りながらのゴルフにトライしてみて下さい!

ワンランクアップのゴルフが見えると思います!   豊

「天国と地獄」

今回の心の散歩は寄り道、道草です。

電車通勤2年。電車での移動20年のブランクあり、ここ2年電車での移動再開です。

電車が苦手なんです。苦手な事も続けると慣れますね!

今は苦手感も消え得意の一歩手前、電車は便利です。

題目の天国と地獄、電車での出来事です。

私の隣席が2つ空いていて大きな駅でたくさん乗ってきました。

我先と2人が目がけてきました。

2人にはそれぞれ連れがいて2席の奪い合い、口激、目戦、険悪な空気は半端なく周りも見て見ぬふり、私はその空気に耐えきれず席を立ちドア付近へ移動。

強引に座った強気な中年おばさんの勝ち。

次の駅、初老のご婦人が荷物を両手に乗ってきました。

ドア付近に座っていた違う女性が席を譲ろうと席を立ったが、数駅で降りるので大丈夫、お気持ちだけありがたく頂きます。と、空気が一変しました。

同乗者はこの2つの出来事をまのあたりにし、何を感じたでしょう。

私は、ほんの数分間に地獄と天国を見た気がしました。

奪い合いと譲り合い(与えあい)で、こんなにも違うものかと学びました。

席の奪い合いに勝ってどっしりと座ってた2人の、うるさい会話は止まり、一瞬で空間が静かにきれいになりました。

数駅後、座ってた2人とお気持ちだけのご婦人は同じ駅でおりました。

天国と地獄でした。 豊

「考えるゴルフ」

ガムシャラに練習やラウンドをする時や時期があっていいと思います。

ただし、やみくもに球数だけ打ってよくなるものでもない。

ラウンドを数多くこなすだけでもいいってものでもありません。

何がよくて何が悪いのかを考え、分かる必要があります。

ただ打つだけから、そこから考えるゴルフへと転換し、レベルアップしていきましょう。

ストイック過ぎてもつまらない。

時にやりたいように伸び伸びと練習やラウンドをし、時に現状の自分をしっかり見つめて、考えて考えてのゴルフ。

ゴルフは三歩進んでニ歩下がる。いやニ歩下げられる。

それが一歩の進歩となり、その繰り返しの一歩一歩があなたを高みへと導いてくれます。

長いゴルフ道、ゴルフライフを楽しみながらゴルフに出会えて善かったと、ゴルフを続けて善かったと想える日がやってきます。

ゴルフは素晴らしいスポーツです。

一歩一歩を重ね、百歩千歩とし、そのゴルフ人生を昇華していきましょう。

かくゆう私も道中楽しく苦しく道草しながら歩んでます。

今年のゴルフシーズンも間近、コースの芝も新芽が可愛くでて、
うっすらと緑がかってきました!

春のゴルフ、楽しみましょう! 豊

「リラックス」

3月に入りました。

日差しが暖かさを増し春を感じさせてくれます。

春ゴルフでのアドバイスです。

まずは心を柔らかくして下さい。慣れないゴリフはいやでも心が固くなりますから。
身体を柔らかくして下さい。スイングは普段使わない関節の動かし方や筋肉を使いますから。
ボールを睨み付けないで下さい。顔筋の力みが上半身の余計な力みを生みます。

クラブを握り絞め過ぎないで下さい。振りまわし過ぎを抑え、リストターンがスムーズになりボールが捕まります。
ベストショットを狙い過ぎないないで下さい。身体がスムーズに動き逆にベストショットになります。
同伴者を責め、裁かないで下さい。18ホールを共に過ごす仲間です。
自分を責めないで下さい。ミスはつきものですから。

時に微笑み、空を見上げ、時に奥歯をグッと噛みしめ、時に遠くの景色を眺め、はやる心や失敗と成功を引きずる心を流して下さい。

心身のリラックスとはなかなか難しいテクニックです。

緊張・集中・リラックスは非常に近い関係にあり、この3つをバランスよく使い分ける事によりゴルフの内容が変わってきます。
今日1日ゴルフとして色々な事が起こるでしょう。

ドキドキ・ワクワク楽しみです。全てを受け入れる心の準備をし、いざ春のゴルフ!スタートです。豊

「積み重ねと自信」

今回は積み重ねと自信です。

ゴルフの上達を目指す上で積み重ねと自信は必須です。

何を積み重ねるか?小さな小さな1回のナイスショットです。

その1回の成功体験を積み重ねていきます。

イメージしたショットを何度も何度も積み重ねていきます。

成功するまで練習するのはあたりまえで、成功し続けて、そのショットがあたりまえになり、普通になるまで積み重ねる。

そして、その普通なるショットを数多く身につけて自分の技とします。

自身の技とするまでは一定の時間と練習数、ラウンドでの成功数が必要です。

そして、あたりまえの一打になるまでの成功数を作りつつ、次を見据えて進んでいきます。

自身の技となり信じる事ができると自信に繋がりラウンドに一打一打のショットに強さや重さ、安定感が生まれてきます。

そういった過程を積み重ねて上達の道を歩み登って行きましょう!  豊

芯で芯を打つ意識

芯で芯を打つ意識!新年一回目、かっこいい題でいきます。

打点コントロールについて述べてみたいと思います。

クラブフェースのどこで打つかというテーマを持った練習、およびラウンドが必要です。

フェイスの芯で打つが正解なのですがそのフェースの芯を知らない、感じきれないゴルファーの方が多いように感じます。

ウッド系はフェースセンターです。

しかしセンターで打ってるつもりでヒールよりで打ってる方が非常に多い。

フェイスのヒールよりはギア効果も相乗しスライスポイントです。

アイアンにおいてはセンター位置を芯と思ってる方が多いですね。

ショットはダブりがちになり、適正なバックスピンが入らず失速します。

アイアンはフェース下1/3センターです。

フェースの芯で捕らえた打感は何とも言えぬ心地よい感覚を手に与えてくれます。

上級者になるにつれ、打感でショットの良し悪しが飛んでく球を見ずにわかります。

スウィングは良いのに弾道のばらつく方は今一度、打点コントロールの確認、練習をお薦めします。

打点チェックはミート率を上げ、方向性を良くするとともにサイドスピンを減らしてくれる一石二鳥三鳥の練習になります。

スランプの方、球筋の不安定な方、初心者の方、レベルは問いません。

今一度、打点チェックをしてみて下さい。

きっと気づきや学びがありレベルアップに役立ちます。

お試し下さい。豊

「新年の初ゴルフ」

謹賀新年!新たな年がスタート致しました。

本年も宜しくお願い申し上げます。

年始めという事で、「初め・始め」について述べていきます。

仕事、学業、趣味等、何事も先を見ての目標や過去を振り返っての反省が必要ですね。

年始めは、まさにスタート!一年の目標を定める最適の時期です。

それぞれに目標を思考し書きとめるなり携帯に打ち込むなり形にして、残してみましょう。

ゴルフにおいては昨年を振り返りつつ、目標スコア・プレースタイル・目標飛距離・ラウンド回数等、具体的にお薦めします。

そして書く、言葉で口にする。目標を素直に潜在意識に入れます。

理由があります。思い・行動・結果は連鎖してます。

また強い思いは仕事をして現象化してくれます。

目標を立て結果は年末をお楽しみに!

今年も頑張っていきましょう!   豊

「締めのゴルフ」

年の瀬です!

皆様、年内の打ち納めゴルフの予定は入ってますか?

今年は今の所暖冬で、まだまだゴルフシーズン真っ只中ですよ!

例年ですと薄氷がはったり、霜がおりたりでコースコンディションが下がるんですが、まだまだコースは良好、大丈夫です。

さて、皆様今年のゴルフはいかがでしたか?

色々なドラマがあった事と思いますが、どうぞ今年最後の締めのラウンドを入れて下さいませ。

そして今年1番のラウンドを、今年1番のグッドショットを、又は今年1番の、はじけたエンジョイゴルフを!

そして年末の多忙な時期であります。

体調に気をつけられ、充実した年の瀬を送っていただけたらと思います。

そしてさっぱりと気持ち良く来年を迎えましょう。

当練習場も2年を終え3年目に突入致しました。

一年目より2年目、2年目より3年目へと成長し、皆様のお役に立てたらと頑張っていきます。

今年も一年ありがとうございました! 豊

「バランスとリズム」

バランスとリズムは表裏一体。どんなスポーツもバランスとリズム!

力まかせのスポーツがあるでしょうか?

ここでプロ野球イチロー選手の弁を紹介します。

「肩が出来ていればレイザービームを投げることはそんなに難しいことではない。だけどリズムよく捕球し投げる為にはバランスが絶対的に必要となり、バランスを崩したらリズムが壊れ、良いボールを投げる事が出来ない。リズムを崩さずに投げるには、技術というよりも気持ちを身体で表す事が出来るかが問題になってくる。」

凄い弁です。この弁を聞いた時、鳥肌が立ちました。

イチロー選手の心技体が、一見簡単そうな中にギッシリと見てとれた私は、なるほど!流石!と感動しきり、ここに記させていただきます。

ゴルフもまさにこれです。

よくよく読み直しゴルフに置き換えて我が物として頂きたい。

今回は多くは語りません。イチロー選手の弁をご賞味下さい!

名付けて「イチローショット」です。豊