「流れ」

「流れ」、上級者やプロは今日は流れがいい。流れが悪いと言う表現を使います。

抽象的な表現ですがゴルフの流れと言うものを説明していきたいと思います。

さて、ゴルフの流れとは何ぞや?ラウンドを重ねていくと色々な心・技・体の状態があり、必ずしもベストの状態でのラウンドとはなりません。

コースコンディション、コースとの相性等、色々な要素が絡む中で予想の内容・結果で進んでいるか?予想以上か?予想以下か?で

流れがいい、悪いという言葉がでてきます。

心技体の状態とスコアの因果関係を見て感じて表現するゴルファーが多いですね。

簡単に言うと、その日の調子とスコアが直結してるか否かです。

ここでアメリカツアーで活躍の松山プロの流れへの対応を紹介します。

ボギーが続いて流れが悪いときに無理やりバーディを狙いにいったりしないで、チャンスをつくりパッティングが入るか入らないかという状況に導き、リスクを追わずに大事にゲームメークをするようにしてる。

悪い流れを断ち切ろうとしてもリスクは犯さない。ボギーを打たずにゲームをつくり、ここぞのときに攻める。

攻守のメリハリをつける事が、大たたきをせず、高いレベルで安定して戦う秘訣だと言ってます。

さすが世界上位で闘ってるプロの言葉です。

さあ皆様、今後のラウンド、流れを感じ取りながらのゴルフにトライしてみて下さい!

ワンランクアップのゴルフが見えると思います!   豊

「天国と地獄」

今回の心の散歩は寄り道、道草です。

電車通勤2年。電車での移動20年のブランクあり、ここ2年電車での移動再開です。

電車が苦手なんです。苦手な事も続けると慣れますね!

今は苦手感も消え得意の一歩手前、電車は便利です。

題目の天国と地獄、電車での出来事です。

私の隣席が2つ空いていて大きな駅でたくさん乗ってきました。

我先と2人が目がけてきました。

2人にはそれぞれ連れがいて2席の奪い合い、口激、目戦、険悪な空気は半端なく周りも見て見ぬふり、私はその空気に耐えきれず席を立ちドア付近へ移動。

強引に座った強気な中年おばさんの勝ち。

次の駅、初老のご婦人が荷物を両手に乗ってきました。

ドア付近に座っていた違う女性が席を譲ろうと席を立ったが、数駅で降りるので大丈夫、お気持ちだけありがたく頂きます。と、空気が一変しました。

同乗者はこの2つの出来事をまのあたりにし、何を感じたでしょう。

私は、ほんの数分間に地獄と天国を見た気がしました。

奪い合いと譲り合い(与えあい)で、こんなにも違うものかと学びました。

席の奪い合いに勝ってどっしりと座ってた2人の、うるさい会話は止まり、一瞬で空間が静かにきれいになりました。

数駅後、座ってた2人とお気持ちだけのご婦人は同じ駅でおりました。

天国と地獄でした。 豊