芯で芯を打つ意識

芯で芯を打つ意識!新年一回目、かっこいい題でいきます。

打点コントロールについて述べてみたいと思います。

クラブフェースのどこで打つかというテーマを持った練習、およびラウンドが必要です。

フェイスの芯で打つが正解なのですがそのフェースの芯を知らない、感じきれないゴルファーの方が多いように感じます。

ウッド系はフェースセンターです。

しかしセンターで打ってるつもりでヒールよりで打ってる方が非常に多い。

フェイスのヒールよりはギア効果も相乗しスライスポイントです。

アイアンにおいてはセンター位置を芯と思ってる方が多いですね。

ショットはダブりがちになり、適正なバックスピンが入らず失速します。

アイアンはフェース下1/3センターです。

フェースの芯で捕らえた打感は何とも言えぬ心地よい感覚を手に与えてくれます。

上級者になるにつれ、打感でショットの良し悪しが飛んでく球を見ずにわかります。

スウィングは良いのに弾道のばらつく方は今一度、打点コントロールの確認、練習をお薦めします。

打点チェックはミート率を上げ、方向性を良くするとともにサイドスピンを減らしてくれる一石二鳥三鳥の練習になります。

スランプの方、球筋の不安定な方、初心者の方、レベルは問いません。

今一度、打点チェックをしてみて下さい。

きっと気づきや学びがありレベルアップに役立ちます。

お試し下さい。豊

「新年の初ゴルフ」

謹賀新年!新たな年がスタート致しました。

本年も宜しくお願い申し上げます。

年始めという事で、「初め・始め」について述べていきます。

仕事、学業、趣味等、何事も先を見ての目標や過去を振り返っての反省が必要ですね。

年始めは、まさにスタート!一年の目標を定める最適の時期です。

それぞれに目標を思考し書きとめるなり携帯に打ち込むなり形にして、残してみましょう。

ゴルフにおいては昨年を振り返りつつ、目標スコア・プレースタイル・目標飛距離・ラウンド回数等、具体的にお薦めします。

そして書く、言葉で口にする。目標を素直に潜在意識に入れます。

理由があります。思い・行動・結果は連鎖してます。

また強い思いは仕事をして現象化してくれます。

目標を立て結果は年末をお楽しみに!

今年も頑張っていきましょう!   豊