「焦り」

 

「焦り」 よく色々な場面で使われる言葉で、生活の多面にて皆様体験あると思いますので、ご理解できる心境と思います。

負の心境の一つですが、不安・恐怖・取り越し苦労とは、ちょっと違った心境ですね。

ゴルフに焦りは付き物ですが、願わくば無いほうがいいですね。簡単な方法で二つお伝えします。

一つ目、時間に追いかけられない事です!

人は遅れを感じると焦りが出やすいです。

集合時間・スタート時間・前組・打順等々、遅れない事です。

一度焦りがでると、いがいと手強い敵で、集中に待ったをかけてきます。

対局は余裕です。時間的余裕を持つ事を心掛けましょう。

二つ目は想定内の幅を広げて何事も受入る準備をしておきましょう。

突然の想定外な出来事も焦りを生みやすいですので要注意です。

以上二つの実践にて、焦りは八割防げます。

焦りを抑え防ぐ事で安心が維持され、リラックス・余裕へと繋がり、集中、良い流れのラウンドとなります。お試し下さい。

余裕の取りすぎ・急ぎすぎ・マイペースも度を越えると最後は焦りへと繋がりますので要注意です。

※今週発売の週刊パーゴルフ!(10/6号)パター特集!5ページにわたり掲載されました。皆さん是非ご覧くださいませ!! 豊

 

「ゴルフの転がりと人生の転がり」

ここで先の全米プロゴルフ選手権でメジャー初優勝を遂げたジェイソン・ディのコメントを紹介します。

「物事がどのように転がるかは本当に分からない。すべてのことに理由があって、これも運命の一つだったんじゃないかと思ってる。」

彼の人生はある意味で他の選手に比べ波乱万丈です。

彼の意とした事と少し違うかもしれませんが私の心に残りました。

ここで私点での見解を述べてみます。

誰もが自分自身の人生を歩んでおり同じ人生はありません。

その人生の流れ転がりが偶然でなく、すべての事に理由があると言ってます。

なぜか非常にうなずきたい自分がいます。

人生は一冊の問題集。解けない問題は与えられない。

そしてその都度与えられた問題に全力で立ち向かう。

人生を振り返る良いきっかけです。

自分の人生を少し振り返ってみてはいかがでしょうか。

そしてこれからを回想してみてはどうでしょう。

皆様のゴルフ人生と人生がよき流転で、稔りある人生でありますように。