「コースマネジメント」

コースマネジメントについて述べていきます。

コースの特長、天気、コースコンディション、各ホールのカップポジション、自分の技量を照らし合わせコースを攻略していきます。

各ホールの特徴を考慮し攻略します。

やみくもにティショットはドライバー、グリーンはピン狙い、パットは一発狙い。

初期はいいでしょう。

ゴルフは上がってなんぼと先輩方や上級者が言いますね。

スコアと真摯に向き合い、コース・ホール攻略を考えたゴルフに変えていきましょう。

1番簡単な方法をお伝えします。

パー5は3打、パー4は2打で、いかに安全にパーオンに持っていけるか頭を使って頂きたい。

ビックドライブもキレキレのアイアンショットもいりません。

グリーンはセンター狙い、パットは2回で入れる。

飛ばしたい・のせたい・寄せたい・入れたい欲を抑えて、安全に3打2打2回を念頭にホールを攻めることが、いいスコアに繋がります。

でもこれがまた難しいんです。色んな欲がでてきますから。

ショット毎のボールのライの見極めもとても大切になってきます。

ライによって攻守の見極めの判断を常にしましょう。

ホール毎の攻め方は何通りもあります。

色々な攻め方を考えてみて下さい!

自分に合った攻め方、守り方が見えてきます。豊

「練習ボール要注意」

先日のラウンド前の、朝練でガタガタに調子が崩れた方がいらっしゃいました。

真面目にゴルフに取り組まれてる方でした。

説明させて頂いた内容をここにも載せたいと思います。

練習ボールは色々、まちまちです。固さ、スピンのかかり具合、飛距離等々。

自分の試用球とかけ離れたボールの練習はスイングを崩し感覚を狂わせますので要注意です。

コースでのスタート前の練習ボール然りです。

練習用ボールのみのコース、ロストボール混合のコース。

練習場ボールは総じて飛距離がコースボールよりおちるように造られてますので飛びっぷりが微妙に落ち、ボールに元気がないように見え、力まされます。

またロストボールを練習場ボールとして使うコースも増えてます。

OBボールや池ポチャボールの再利用、宜しいかと思います。

練習される方はその辺をよく理解し、固さ、フィーリングがそれぞれ違うので、注意しましょう。

球筋、感覚を真剣に合わせるには無理がありますので、ラウンド前の身体を起こす程度、ヒットするタイミング・リズムを調える程度に考えて、サラッといきましょう!

スタート前のパッティング練習においては距離感第一に考えて、練習し、その日の距離感を身に付けてからラウンドへむかいましょう。

パターは距離感第一です。

グリーン上でのどたばた、行ったり来たりが解消できます。 豊