「次の一手」

今回は次の一手と題して述べてみたいと思います。

ヨットのように、向かい風でも横風でも追い風でもヨットは風を利用し前に進む。

どんな風も利用し前進力に変える技術、凄いですね!

ゴルフは勿論、仕事、学業、ゴルフ場経営、会社経営、そして人生、どんな風が吹いても前進力にかえて進めたらいいですね!

コツは必ずあるはずです。

ゴルフにおいて風は避けられない自然が与えたハザード。

次の一手を考える際、風を見方にしましょう!

テクニックはたくさんあります。

ポツポツと今後に入れていきます。

次の一手に風をみかたにして考える、どんな風も見方に前進!をお忘れなく!

※先日のラウンド、風が大嫌いな方でした。

風と喧嘩ばかり、ボヤキのゴルフしてました。

昼食事、今稿のお話させて頂きました。

後半その方の心の風は静まり、風と友達になろうと努力されてました。

ラウンド後の弁、風は外と内(心)と両方吹く事がよく解ったと嬉しいお言葉頂きました。

「かっこいいゴルフ」

かっこいいゴルフにもいろいろですね。

バーディの臭いがプンプンするゴルフ、ドライバーはドカーン!アイアンはビシッ!アプローチはピタッ!パターはスーコロン!でも、ちょっとでもミスしたり、入らなかったりすると、イラッとしたりクラブのせいにしたり、芝生を叩いたり、時間を独占したりのゴルフ。

勘違いしてますね。男子ツアーにも見受けますね。これでは人気回復できません。

ここぞの勝負時のミスへは多少の感情移入は真剣さが伝わり見苦しさはありません。

ミスしてヘラヘラ笑ってるのも何ですから‥。

それとは別に不恰好だけど必死にプレーして諦めず、なんとこさパーを拾う、ボギーを拾う、ダボを打っても腐らず、奥歯をグッと噛みしめニコッとサラッとスーッとやり過ごす。

バーディをとっても、たまたまとニコッと可愛くやり過ごす。

最後は笑顔でありがとう!お疲れ様!

どちらも同スコアとしてみると一見、前者がカッコ良く見えるんですが、18ホール終えると後者の方が意外とカッコ良く強いんですね。豊

「イップス」

先日、イップスの相談を受けまして、ここにも記させていただきます。

イップスとは一般的に最高の結果を求めすぎたり、目の前のショットに過剰に反応しすぎたり、深刻になりすぎた時に起こりやすく精神的な原因が大部分を占めると言ってよいでしょう。

思考の整理、技術面の整理、身体の整理を行うと改善します。

左右の手のどちらかの動きが悪くなるか、両手か?右手であれば左脳の、左手であれば右脳の整理をしましょう。

心技体の整理、見直しです。

練習はあれこれ考えて練習し、ラウンド中、本番はいかにシンプルに打つかです。

その日のスコアの一打一打は平等の価値です。

気持ちを激しく波立たせる事なく、喜怒哀楽にブレ過ぎず、サラッと澄んだ気持ちを維持しつつ、最後まで集中の続くラウンドを心がけましょう。

ショット毎のプレッシャー・緊張はゴルフに付き物です。だから面白いんです。プレッシャー・緊張と戯れましょう。

他ならぬ私は一時期、イップスらしき現象がありました。

あるショットに挑む時にそのショットだけ気持ち悪いんです。

初期症状だったかもしれません。

原因を追究し、自己免疫力を高め、心と技を重点的に見直しました。

知らぬ間に自然治癒してました。

イップスはちょっと風邪ひいたぐらいにとらえましょう。治ります。豊