今週の一言「ゴルフの風とゴルフの坂」

アゲンスト・フォロー・サイドの風、ボールを持ち上げる、ボールをおさえこむ、ボールを運ぶ、ボールを落とす風、色々。

海風のように強く、粘りある風、山間谷を吹き流れる、呼吸する風、色々。

一番やっかいなのは、心に吹く風、傲慢な風、時に臆病風に吹かれる。

外も内もできるなら風吹かぬゴルフが良い。

ゴルフの坂、上り坂、下り坂、やっかいなのは「魔坂」です…

※先日のラウンド、臆病風に魔坂にやられました。大ダブりに誤球…

まだまだ発展途上! 共にがんばりましょう!

今週の一言「柔」

ストレッチング、皆さんやってますか?

身体の柔軟性を高め、スウィングの再現性を高めると共に運動する際のパフォーマンスを高めます。

筋肉を伸ばすと共に関節の可動域を広げ、身体がスムーズに動くようになります。

又、けがの防止にもなり、一石二鳥三鳥四鳥です。

ストレッチングをすることで、身体のリラックス、心のリラックスにも繋がります。

古来より「柔よく剛を制す」という言葉がありますが、それだけ、この「柔」が大切という事です。

体の「柔」、心の「柔」が、技の「柔」に繋がり、柔が強さに繋がっていきます。

この「柔」探究してください。

※運動生物学上、平均気温18℃を境に身体機能が変化するといわれています。

平均18℃を超えている場合、身体作業能力は維持され、パフォーマンスの低下は起こりずらく、

18℃以下になると低下します。原因は「冷え」です。

身体の保温状態に気をつけ、パフォーマンスの維持・アップをはかりましょう。

今週の一言「ゴルフの特徴」

ゴルフは、ひとつのボールを目標のホールまで、いかに少ない打数で運んでいくか!

という競技です。

ボールを巧みに扱い、また、デリケートな感覚が要求されます。

その感覚は、練習、ラウンドを通じて繰り返しの中で後天的に習得、マスターしていくしかありません。

そこにゴルフの妙味があります。

ゴルフの上達は、ボールを正確にヒットするためのスウィング作り、どんな状況下でも、そのスウィングを再現できるよう基本・応用を身につけることが大切です。

運動能力に優れた人にも、それほどでもない人にも、年齢にしばられる事無く、等しく機会を与え、努力に応じて必ずそれなりの成果・結果をもたらしてくれるスポーツです。

今週の一言「慣れる」

「慣れる」

こと大切です。

一本一本のクラブに慣れる。

ボールに慣れる。

ウェアに慣れる。

スパイクに慣れる。

ラウンドに慣れる。

コースに慣れる。

色々な方々とのラウンドに慣れる。

仕事のゴルフに、プライベートゴルフに、競技ゴルフに、慣れる。

晴れのゴルフ、雨のゴルフ、曇りのゴルフ、風のゴルフ、四季のゴルフに、慣れる。

慣れるにつれ、余計な「変な力」が抜け、自然な安定感が、本来の自己がでてきます。

自然の自分を表現していきましょう。

慣れすぎによる「惰性」に流れる事なく、ゴルフを楽しみましょう。