今週の一言「8年ぶりのラウンド?」

先日の休日、8年ぶりの先輩シニアツアープロとのプライベートラウンドに行ってきました。

月日の経つのは早いものです。私にとっては師、兄貴ともいうべき存在、2つ年上のツアープロ。10年前、譲り受けたポロシャツを引っ張り出し、身につけ、いざ勝負へ!

8年前へタイムスリップ!

お互いベルトの穴が1つ伸び、頭は白いものが混じり、毛の本数はさほど変わらず。先輩は膝にサポーター…。私は手首にテーピング…。共にバーディ発進!

私は1打のミスで消えました。

勝負に生きる、1打に生きる、ツアープロ。1打に生き、1打を大切に、1打1打を繋ぎ合わせ18ホールを締めくくる。兄貴笑っての5アンダー…。

完敗です。

いつの時もアドバイスは無し! ラウンドにて感じ取り、実戦にて見取り、背中でのアドバイス。

休日の繁忙にも関わらず、何時も無償にてコースを提供下さる総支配人。

また、私のアドレナリンの出過ぎ?! はたまた、2時間前のコース入りのせい?! か、ホットコーヒー、サインはいつも支配人。

「本当にすいません、ありがとうございます」

頭ではなく、腹でお付き合いさせて頂けるは、幸せ。感謝です。

兄貴、いつの日か必ずや……!

 

※栃木、日光方面でのゴルフ予定・企画ある方、ご一報下さい。ウェルカム、波動

すみずみまで整った良いコースです。ご紹介致します。当クラブ ロイヤルスターGC(千葉県)とは、商圏エリア外、競合致しません。千葉方面なら迷わず、ロイヤルスターGC!!

帰路の夕日は、やさしくきれいでした!

 

 

今週の一言『バランス』

『バランス』

どんなスポーツでもそうです。バランスを取ることが大切!

・心のバランス

・技術のバランス

・体力のバランス

人間には、【進歩・発展・向上】といった縦のベクトルと【調和・やすらぎ・美】といった横のベクトルを持っています。この縦・横のベクトルを考えてみて下さい。

ゴルフの世界・仕事の世界・人生の世界の見え方・考え方、広がると思います。化わると思います。

ベクトルのバランス歪にならぬよう伸ばしていきましょう。

※言葉多き、文章長きは個々の思考弱め、言葉少なき、文章短きは、個々の思考深める。「一言」の思考深まる年頃になってきた感があります。

今週の一言「アドレス」

プロ・指導者・上級者は、アドレスが大切とよく言う。

はい! アドレスは大切です。アドレスは、7割・8割ショットの良し悪しを左右するといっていいでしょう。

アドレスに3つのアドレス! 『心・技・体』ショットをする時、最善であろうと判断した、ショットに対するアドレスです。ボールを前に狙っているポイントにイメージした、ボールをイメージの中で飛ばしてみる。

イメージができたら、それに合わせて素振り。こんな感じでスウィングすればという素振りで「感じ」を感じる。実際に打つです。これ一般的なアドレスです。

一口にアドレスといっても、『心・技・体』それぞれに対してのアドレスが必要です。

心:打つショットを決め、明確にイメージできてるか? そのショットに迷いはないか?心のアドレスが決まっているか? 勇気はあるか?

技:そのショットを打つ技量はあるか? 大体の確立は? ターゲットに対し、体のアドレスは正しくできているか?

体:ゴルフをするに体調管理等、身体のメンテナンスは整っているか? 体力(筋力・柔軟性・持久力等々)の変化に対応できているか?

この3つのアドレスを整えていきましょう。日本語では「構え」です。

色々な角度から、このアドレス、我が物にして下さい。

※ゴルフの世界が大海原として、私の行動は、一滴の水滴。いや、水滴に満たぬか?! 日本中で世界中で、ポタッ! ポタッ! と誰かがゴルフに魅せられ、ポタッ! ポタッ! と! ゴルフに生かされてます。

今週の一言「練習とは? その2」

こんにちは。前回に引き続き、「練習とは? その2」と題して話させて頂きます。

基本となる練習は大切です。

  1. 個々のショットのバロメーターとなるショットの確認
  2. レベルアップ、成功確率を上げる自己イメージと体感の画像チェック・認識
  3. 第3者的目をもって自己を見る
  4. その過程を踏みつつ自分の型を作り出していく
  5. 自己分析・セルフチェック能力を上げる

◎練習毎、ラウンド毎、自己の基準となるスウィングショット、球筋を作りましょう。

その基準を基に応用へと持っていく。何発打ってもバラバラな方、又 基準を考えてこられなかった方、まずは基準づくりから! その先に応用があります。同じことを繰り返し、なじませることは大切!

そこから次のステップへ! いろいろな球筋を打つ! 「イメージ→トライ→チェック」を繰り返す。また基準へ戻る。繰り返す。ショットの幅、スウィングの幅、ゴルフの幅が広がります。

一つだけの練習だといずれ、収穫低減になります。基準・基本から応用へ。応用から基準へを繰り返す。

その練習なりラウンドなりが、月日と共に年輪となり

「あなたというゴルフの木が大きくなります。」

ただ闇雲に、バカバカ打つだけでは上達は遠い…

※神保町駅トイレ、40代中年の男性、ポマードふたを開け、片手に手鏡、片手にくし、ご自身のリーゼント、横・後ろ・上と360度ロックな眼差しでチェックされてました。

自己イメージと現実のギャップ埋めてました。

「一水四見」でもあります。きまってました。「ロック」してました。

それでは、また。

今週の一言「練習とは?」

練習、練習! 皆様は好きですか? 私は大好きです。自分が変わる、変われる、上達への必要条件の一つに練習があります。

練習とは、目的意識を持って一球一球、自分の動きを確認・チェックしながら、考えながら、反復練習する事。

自己のイメージ・体感と実際のスウィングフォーム・球筋を近づけていく作業、そしてそのフィーリングを身体・心になじませ、染み込ませ、不安を自信へと変えていく。意識動作から、無意識動作へとなるまで反復する事が大切です。

自己イメージと体感を画像チェックし、イメージと現実を近づけていく。そして、その認識を高め、自分の型を作り出していく。

「画像チェック」自分を知るための大切な大切な一つです。

※「ああしたら良い」 「こうしたら良い」  周りの人のスウィングは、よくわかる。

自分のスウィング、ラウンドスタイル、正しく自己認識していきましょう。また、一度身につけた技術も日々と共に錆び付き、ズレ・狂いが生じます。

錆落としは、練習が1番の特効薬! 画像チェックしてない方、8割! 画像チェックでの練習! 上達、お約束致します。お気軽にお立ち寄りください!

ロイヤルスター室内ゴルフ練習場でお待ちしています。